前へ
次へ

社員の教育を現場に任せるということ

教育に関する知識というのは人によって大きく違うということにはなるのですが、とにかく人にものを教えるということは自分がそれを100%を理解していなければ難しいとなります。
人に教えることは自らの教化にも繋がるということもあったりしますので、どんな分野であろうと人に教えるという経験はかなり役に立ったりしますし、その後の人生に大きく貢献してくれることでしょう。
ですが会社がそれを期待するというのは実はかなり難しいものもあったりします。
OJTというのがあるわけですが、これは要するに現場にその教育を任せてしまうという側面があるのですがそもそもその人はどのように自分を価値のあるものとして企業に売り込んでいるのかといえばそのスキルであるわけですから現場にスキルを与えるようにと社員を送り込んでも、それは教育する側からすれば自分の食い扶持となるスキルを教えるということになりますので、教育係とはそれなりに評価してあげるべきであると言えるので覚えておきましょう。

Page Top