前へ
次へ

英語塾に通って大学以降の学習が楽になったこと

私は、中学校時代から英語の塾に通っていました。
特に、英語が好きなわけではありませんでしたが、英語は理系であっても、文系であっても必ず必要になるということで、できて損はないと思ったからです。
その甲斐があってか、中学時代はもちろん、高校時代も、最も成績が良い科目は英語であり、他の成績を補ってくれました。
結局、高校になってからは理系に進むことになりましたが、英語塾には続けて通っていました。
そのおかげか、志望大学に入ったことはもちろんでしたが、その大学の授業で行っていた英語の授業は非常に簡単に感じることが出来、第二外国語の学習の時にも勉強の仕方が定着していて、スムーズにこなす頃ができました。
その塾では、将来的に役立つ知識をつけさせることを信条としており、実際とても役に立ったわけです。
今では、自分の子供にも、こうした考え方を持った英語塾に入れさせようと考えており、どの塾がよいか、各塾を物色しているところです。

Page Top